FC2ブログ

男の温泉一人旅

TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2014年02月

鉛温泉 藤三旅館(再訪) (なまりおんせん ふじさんりょかん)

鉛温泉、再訪です。
自炊部入り口付近は工事中で駐車場はドロまみれです。道路の改修と旅館の増改築のようです。できあがり期待しましょう。
日帰り入浴は、午前7時~午後9時で700円です。


名湯 白猿の湯(混浴、天然自噴岩風呂)
先客が一人風呂の淵に居座っていて日本一深いという立ち湯を満喫できず。。。そうこうしていると他にも客が、残念ながら写真も無し、早々に退散しました。


桂の湯(男女別内湯、露天風呂)
内湯と半露天、そこから川に少し下りた所に一人入れる程度の小さな露天風呂。残念ながら、その小さな露天風呂には湯が入っていなかったのが残念です。気に入っていたのに。。。






白糸の湯(男女時間帯別半露天風呂)
男湯:午後3時~午前6時、女湯:午前6時~午後3時
ここは、初めて入ります。自炊部では無く、旅館部の中にあります。自炊部は結構地味な感じの雰囲気ですが、旅館部は、今風の綺麗な感じであることに今回初めて気付きました。半露天ということですが、内湯ではないかと。。。




銀(しろがね)の湯(時間帯貸切&男女別)
貸切:午後3時~午後9時、男湯:午前6時~午後3時、女湯:午後9時~午前6時
ここも旅館部の白糸の湯の隣にあり、今回は時間帯で入れませんでした。上記の時間帯に訪れれば入浴できます。


河鹿の湯(男女別展望内湯)
前回入ったのですが、新しい感じの風呂ですが、今回は入浴無しです。


岩手県花巻市鉛字中平75-1
鉛温泉 藤三旅館
[日本秘湯を守る会会員]
TEL:0198-25-2311(代)
URL:http://www.namari-onsen.co.jp/
日帰り時間:7:00~21:00

スポンサーサイト



花巻南温泉峡 大沢温泉(再訪) (はなまきみなみおんせんきょう おおさわおんせん)

今日は良い天気だったので、岩手まで足をのばしました。
再訪になりますが、大沢温泉です。
日帰り入浴は、午前7時~午後9時(受付午後8時半まで)で600円です。


前回は全てを回りきれなかったので今回は是非回りたいと思いました。
4箇所のお風呂に入れるということです。
受付に向かって左側に、大沢の湯、南部の湯、薬師の湯、右側に豊沢の湯です。一番入りやすいのは豊沢の湯とのことでしたが、特徴のありそうな左側からせめていきます。

大沢の湯(自炊部混浴露天風呂)
有名な混浴露天風呂です。川を挟んで菊水館があり、菊水館へ渡る橋の上からこの混浴露天風呂は丸見えで、ほぼ皆が覗き込んでいきます。。。




橋の上からの眺めです。左側の水色に見えるのが大沢の湯です。完全に丸見え。。。


南部の湯(菊水館別浴木造風呂)
初めて入るのですが、午前7時~9時、午後2時~5時までは日帰り入浴できます。他とは時間が異なりますのでご注意を。
綺麗に手入れされた木造の風呂に透明な温泉が注がれていて、且つ、独泉状態で感じ良かったです。






薬師の湯(自炊部別浴大浴場)
結構込み合っていて、前回入浴したので、入らず、他の風呂へ。


豊沢の湯(山水閣別浴半露天風呂)
鉄扉を開けて階段を下り、また、鉄扉を開けた先にあります。前回訪問時はガラスが開放されていて、半露天だったのですが、今回はガラス締め切りで内湯状態になっていました。





岩手県花巻市湯口字大181
花巻南温泉峡 大沢温泉
TEL:0198-25-2315(自炊部)
URL:http://www.oosawaonsen.com/
日帰り時間:自炊部 7:30~20:30(21:00で終了)

加護坊温泉 さくらの湯 (かごぼうおんせん さくらのゆ)

日帰り温泉施設の、加護坊温泉 さくらの湯です。




下駄箱の鍵と入浴チケット(平日大人500円)をフロントに差し出すとバーコードの付いたカードと交換され、食事などはこのカードで頼むようです。帰りに、そのカードを元に清算して、下駄箱の鍵が戻されるシステムのようです。
風呂へ繋がる道中には足湯もあります。


人が沢山居たので写真は残念ながらありませんが、日帰り温泉施設なので、源泉浴、ジェットバス、気泡浴、腰掛湯、打たせ湯、大露天風呂とさまざまな風呂があります。内湯はカルキ臭が漂っており、塩素系で消毒されているようです。
露天風呂は、檜?風呂と深さが3段階になっている大きな風呂で、開放感があり、良い感じです。浅い所では寝湯ができます。今日は良い天気で雲ひとつ無いような青空だったのですが、気温は1℃程度で、しかも強風が吹いており、風呂から出るとものすごく寒い、内湯に戻るのも凄く勇気がいりました。。。


宮城県大崎市田尻小塩字八ツ沢37-1
加護坊温泉 さくらの湯
TEL:0229-39-3388
URL:http://www.sakuranoyu.jp/
日帰り時間:10:00~22:00

中山平温泉 しんとろの湯 (なかやまだいらおんせん しんとろのゆ)

中山平温泉シリーズです。
日帰り公衆浴場のしんとろの湯、土日は特に車がいっぱいとまっている人気の温泉施設ですが、今日は平日のせいか、数台だけしかとまっていません。


自動販売機で入湯券(大人420円)を購入します。
湯めぐりチケット(2枚)も使えるようですが、今回は現金で入湯。
別浴の内湯が各1つづつで、露天風呂はありません。休憩所がありますので、時間に余裕のある方は湯上り後にゆっくりとできます。
pH9.3とアルカリ性の高い温泉で、入ると全身がぬるぬるし、とても気持ち良い温泉です。昨日訪れたやまなか山荘よりもぬるぬる感が凄い。
93℃の源泉を木樋に流しながら自然冷却し、源泉掛け流ししているそうです。
一瞬だけ、独泉になったので、湯船の写真が撮れました。



宮城県大崎市鳴子温泉字星沼18-9
中山平温泉 しんとろの湯
TEL:0229-87-1126
URL:http://spa.shintoro.com/
日帰り時間:9:00~21:30

中山平温泉 なかやま山荘 (なかやまだいらおんせん なかやまさんそう)

美肌の湯ということで、訪れてみました、中山平温泉 やまなか山荘です。
まずは、フロント前にある自動販売機でチケットを購入、大人500円です。
日帰り入浴の人は白いスリッパを履くようにということです。






この時間に男性が入れるのは、天狗の湯だけということで残念ですが、時間によっては、桐の湯にも入れるのかもしれません。






少し、緑がかったとろ~りとした温泉で、中山平特有?のヌルヌル、ツルツルです。うたい文句の通り、すべすべ美肌の湯だと思います。アルカリ性が強くpH9.3とのことです。うなぎ湯で有名な琢琇に匹敵する程ヌルヌル、ツルツルです。

宮城県大崎市鳴子温泉字星沼19-24
中山平温泉 なかやま山荘
TEL:0229-87-2101
URL:http://nakayamasansou.jp/
日帰り時間:10:00~19:00

東鳴子温泉 馬場温泉 (ひがしなるこおんせん ばばおんせん)

国道47号線沿いにあって、いつも車が止まっている、馬場温泉です。気になってましたがようやく訪問です。



内湯と、旅館のそばにある共同浴場ですが、それぞれ別料金、内湯400円、共同浴場300円、両方なら500円だったかな?今日の所は共同浴場だけにしときます、湯めぐりチケット1枚とのこと。


入口には「どうぞ!」、裏には「入浴中」の札が。「どうぞ!」になっていたので、ひっくり返して、独泉です。
扉を開けると、いきなり脱衣所と湯船があります。札をひっくり返さずに入っていたら、びっくりするでしょうね。








綺麗に掃除されたお風呂です。
温泉は、黒っぽくて泡がたっており、新鮮な温泉が注がれては、かけ流しされています。


入ってみると、熱めで、寒い日には丁度良いです。小さな泡も体に付き、少しスベスベします。美肌の湯なのでしょう、多分?

宮城県大崎市鳴子温泉大口字馬場102
東鳴子温泉 馬場温泉
TEL:0229-83-3378
URL:
日帰り時間:11:00~20:00


より大きな地図で 宮城 入湯済み地図 を表示

湯原温泉 砂湯 (ゆばらおんせん すなゆ)

今回は東北ではありません。番外編です。
露天風呂番付で西の横綱といわれる、湯原温泉 砂湯です。


川沿いの駐車場に車を止め、上流へ向かって数百メートル行くと砂湯が見えてきます。


湯原ダムの前に作られた、無料の混浴露天風呂です。




写真撮影は許可がいるとの貼り紙があったため、遠くからの写真だけにしました。
ダムに向かって右側が露天風呂で、その右端に男女別の脱衣所があります。因みに、扉付きですが、格子があるだけで、丸見えですのでご注意を!




美人の湯、子宝の湯、長寿の湯があり、美人の湯と子宝の湯はつながっていて、雪の降る今日は非常に温い温度。長寿の湯は大きめの岩で覆われており、しかも屋根が付いており、湯温は適温でした。
この雪の中でも先客3人程、脱衣所にも2人程?男性が女性用の脱衣所で着替えてると思いきや、女性でした。失礼しました(^_^;
因みに、「タオル等を着用して入浴すること。」と注意書きがありますので、タオルを巻いて入浴すれば、女性の入浴でも、恥ずかしくは無いと思います。
温泉は、pH9.3とアルカリ性が高い温泉のためか、ツルツルの感じがして、良い感じ。
雪景色も良いが、今度は少し暖かい時にも訪れてみたい。


岡山県真庭市湯原町湯原温泉内
湯原温泉 砂湯
TEL:0867-62-2526(湯原観光情報センター)
URL:http://www.yubara.com/onsen/higaeri.html
日帰り時間:24時間(定休日:毎週水曜日午前/毎月第一金曜日10:00~16:00/12月27日9:00~14:00)

鬼首温泉 かむろ荘 (おにこうべおんせん かむろそう)

気温が2,3℃と少し暖かいので鬼首温泉チャレンジ。しかし、気温が高いといっても、日陰の道路には圧雪が。。。
今回は初訪問のかむろ荘です。やっているのかどうかが良くわからないので後回しにしてました。雪かきしているのでやっていることは予想出来たので訪問しました。




湯めぐりチケット2枚で入浴できます。
露天風呂と内湯があります。
露天風呂は昨晩風吹で温度調整などできていない様子、熱かったら水を入れてくれと。
2階の突き当たり右に行った先の外にありました。


新雪で誰の足跡もありません。脱衣所にも雪が積もったままです。


入ってみると熱い!でも、どうにか、加水せずに入浴。雪景色が綺麗で良い感じ。


次は内湯 大浴場。階段を降りて直ぐ左です。


大浴場と、その奥に小さめの湯船が、しかし、その湯船には湯が入っていません。大浴場の湯はpH8.9とアルカリ性が強いからでしょうか、少しツルツルします。




宮城県大崎市鳴子温泉鬼首字宮沢24
鬼首温泉 かむろ荘
TEL:0229-86-2301
URL:http://www.h2.dion.ne.jp/~kamuro/
日帰り時間:10:00~15:00


大きな地図で見る
プロフィール

みい

Author:みい
東北で温泉巡りしていましたが、これからは近畿を中心に温泉巡りをしようと思います。

にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 東北 温泉・温泉街へ
にほんブログ村 旅行ブログ 秘湯・野湯へ
にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
全記事表示リンク
メールフォーム
ご意見などありましたらメールフォームより、ご連絡をお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
FC2カウンター
楽天オークション
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Material by amu*ca
Powered by FCブログ