FC2ブログ

男の温泉一人旅

TOP ≫ 混浴

湯原温泉 砂湯(再訪)(ゆばらおんせん すなゆ)

久しぶりに湯原温泉 砂湯を再訪です。
天気は良く、新緑がとても綺麗です。




10人程度だろうか?ゴールデンウィーク中にしては少ないかも?
写真は遠慮しておきました。


脱衣所の前の屋根付き長寿の湯に最初に入ったのですが、陽気が良いこともあり、少し熱い。常連と思われるおじいちゃんが声をかけてきてくれて、「砂湯ではこの長寿の湯が一番良い、他はぬるくて...」と、そう言われた手前しばらくは長寿の湯を出たり入ったり。確かに綺麗で気持ち良い。
折角来たので、おじいちゃんが退散した後に隣の湯船へ、温度はぬるめで丁度良い感じでしたが、緑や黒っぽい浮遊物が多数あり、おじいちゃんが言っていたように長寿の湯が熱めでも一番良いと感じました。
天気が良く、30分も居ない程度で顔が日焼けしてしまいました(^^;)
皆さんも気をつけましょう。




岡山県真庭市湯原町湯原温泉内
湯原温泉 砂湯
TEL:0867-62-2526(湯原観光情報センター)
URL:http://www.yubara.com/onsen/higaeri.html
日帰り時間:24時間(定休日:毎週水曜日午前/毎月第一金曜日10:00~16:00/12月27日9:00~14:00)


スポンサーサイト



るり渓温泉(るりけいおんせん)

温泉は京都府にありますが、大阪、兵庫との境界付近であり、温泉へのアクセス中は、大阪、京都、兵庫を何度も入ったり出たりして変な感じです。
大きなスパリゾートのようで、大きな看板で出迎えてくれます。




温泉は、お気軽入浴プラン(土日祝800円)、1日満喫入浴プラン(土日祝1500円)と2プランあり、後者には館内着がレンタルされ、岩盤浴、フィッシュテラピー等いろいろなサービスが受けられるようです。今回は、お気軽入浴プランを選択、このプランでも、タオル、バスタオル、水着レンタルが付いています。
温泉プール、露天風呂、バーデゾーン(ジェットバス、寝湯等、4つのサウナ)というのが水着着用ですので男女が共に楽しめますので、家族連れやカップルなどにおすすめです。一応混浴かな。
水着はレンタルだけでなく、自前でも良いようです。
男女別の裸ゾーン?は大浴場、サウナ、マイナスイオン空気浴(ここにはテレビ付き)があります。
ラドン泉、弱放射能線ということです。

玄関から駐車場を見下ろしたところです。イルミネーションのイベントなども開催しているようですので訪れてみても面白いかも。



京都府南丹市園部町大河内広谷浦田1−14
るり渓温泉

TEL:0771-65-5001
URL:https://rurikei.jp/
日帰り時間:7:00-22:00

三朝温泉 三朝の湯(みささおんせん みささのゆ)

河原にある混浴露天風呂 三朝温泉 三朝の湯です。


階段を降りると足湯があり、その先にすだれと脱衣所で囲まれた露天風呂があります。


すだれは隙間だらけなので。橋を渡る人から見えそうな感じ。
足湯のところにはつかるでもなくカップルが休憩中。
そこを横目に脱衣所へ、先客4人居ます。
露天風呂は上流側と下流側の2つに仕切られています。


さっさと服を脱いで、人口密度の低い下流側入浴です。
ぬる過ぎな感じなので、上流側へ。上流側もぬるいがつかっている分には丁度良い。
中年のご夫婦とその娘さんらしき方のところにお邪魔しました。
話してみると地元の方のようです。
この時期でこんなにぬるいので、冬には入れるのか疑問があったので聞いてみると、溜めてある温泉を夕方にボイラーで暖めるので問題無く入れるそうです。ボイラーは少し残念ですが、冬にも入れるのはうれしい。
ぬるめかも知れないが、長時間入ってから、直ぐに服を着ると、後でポカポカして気持ち良いようです、確かにそうでした。
泉質はわかりませんが、入浴後は少しつるつるするような感じがしました。
今日は先客が居たので写真は撮れませんでしたが、写真は以前訪問した時のものです。
開放感がたまらないので何度でも訪れてみたい温泉です。

鳥取県東伯郡三朝町三朝
三朝温泉 三朝の湯
TEL:0858-43-0431
URL:http://www.misasa-navi.jp/277/282/286/290/1482.html
日帰り時間:(24時間)※奇数日は清掃のため7時から午前中は入浴不可


大きな地図で見る

湯原温泉 砂湯(再訪) (ゆばらおんせん すなゆ)

湯原温泉 砂湯、再訪です。
先客は8名ぐらい居ましたが、しばらく粘ると誰も居なくなりました。
誰も居ないなら、撮影開始!








「タオル等を着用してご入浴下さい。」とお願いが書かれています。
全国的に有名な混浴露天風呂ですが、タオルを着ければ安心ですね。


手湯と足湯もあります。オープン過ぎる混浴露天風呂のため、この足湯だけで退散する方もいらっしゃいます。


露天風呂番付表が掲げてあり、西の横綱に湯原(温泉)が入っています。
因みに東の横綱は群馬の宝川(温泉)です。


湯原ダム?を背後に3つの湯(子宝の湯、美人の湯、長寿の湯)があります。
一番上流が子宝の湯です。


底から小さな泡がところどころに出ています。
多分ここから湧き出しているのでしょう。


左手に見えるのが美人の湯で、子宝の湯とひょうたん状につながっています。


屋根付きは長寿の湯で、透明で綺麗な温泉、つるつるします。
しかし、この時期には熱いので長くは入っていられません。


子宝の湯と美人の湯はこの時期でも長湯できる適温なのですが、湯底の砂利に付いた湯の華?こけ?が浮遊し、あまり綺麗な感じがしません。
よって、私は、上がり湯は長寿の湯と決めています。

岡山県真庭市湯原町湯原温泉内
湯原温泉 砂湯
TEL:0867-62-2526(湯原観光情報センター)
URL:http://www.yubara.com/onsen/higaeri.html
日帰り時間:24時間(定休日:毎週水曜日午前/毎月第一金曜日10:00~16:00/12月27日9:00~14:00)


真賀温泉 真賀温泉館(まがおんせん まがおんせんかん)

国道313号線沿いにあり、急な階段をのぼった先にあります。


赤い傘が目印かな?


入り口に入浴チケットの自動販売機があります。
入るお風呂毎に料金が違います。今回は名物の幕湯(混浴)だけに入ることとします。250円です。


先客が居たので浴室の写真は撮れませんでした。
脱衣所と浴室の間の扉は透明のガラスになっていて、浴室は薄暗いですが、湯船から丸見えです。
湯船は、4,5人も入ればぎゅうぎゅうの状態になりそうな狭い湯船で、深さは胸辺りまであります。
pH9.4のアルカリ性単純温泉で、つるつるする感じがあり、しばらく入っていると全身に小さな泡が付き、気持ち良い。
しかし、湯船が狭いので、お客さんが来ると出なければならない感じになり、落ち着いて入っていられないのが残念です。

岡山県真庭市仲間
真賀温泉 真賀温泉館
TEL:0867-62-2953
URL:http://www.yubara.com/(湯原温泉郷のHP)
日帰り時間:7:00-22:00


茅森温泉(かやもりおんせん)

県道55号線から細い橋を渡り、細い道の突き当たり、墓地の下に温泉があります。


温泉はパイプから出しっぱなしですが、残念ながら湯船に温泉は溜まっていませんでした。
温度はかなり温く、暖かい時しか入れないと思います。
湯船や洗い場等は綺麗に掃除されており、是非、今度入ってみたいと思います。


岡山県真庭市湯原町茅森
茅森温泉
TEL:(無し)
URL:(無し)
日帰り時間:24時間


津黒高原温泉 公園の湯(つぐろこうげんおんせん こうえんのゆ)

津黒高原のキャンプ場やスキー場へ向かう途中の道沿いにある、津黒高原温泉 公園の湯です。




あいにく、温泉が入っていないようです。
サマーシーズンと書いてあるので、夏だけしか温泉が入れられないのでしょう、残念。
2つの脱衣所とその前には湯船があります。
道から丸見えなので入るには勇気がいりそうです。


岡山県真庭市蒜山下和1080-1
津黒高原温泉 公園の湯
TEL:0867-67-2221(津黒高原温泉のTEL)
URL:http://www.tsuguro.jp/(津黒高原荘のHP)
日帰り時間:24時間


小安峡温泉 共同浴場 山神の湯(おやすきょうおんせん きょうどうよくじょう やまがみのゆ)

小安峡温泉の共同浴場は国道398号線から見える所にあります。
入ったことは無いんですが。。。


しかし、その共同浴場以外に隠れた共同浴場があります、それが、山神の湯です。
国道398号線から、元湯くらぶの駐車場の案内板に従って入っていくと、山際にプレハブ小屋のような共同浴場があります。
電柱に掲げられた看板によると、近所の個人のお宅で入浴料200円を払って入浴できるようです。




早速、その近所のお宅を訪ねると、浴場の状態を確認してくれました。
先客、近所のお母さん方が入浴されているようで、しばらく待てば入浴可能ですよ、とのことでした。
しかし、時間が無かったため、今回は入浴を諦めました。
多分、混浴ですが、積極的には混浴にしないように配慮されているようです。

秋田県湯沢市皆瀬
小安峡温泉 共同浴場 山神の湯
TEL:(無し)
URL:(無し)
日帰り時間:??:??-20:00


見立温泉 見立の湯 (みたておんせん みたてのゆ)

鉱山職員宿舎のお風呂だけが残った所らしいです、見立の湯。
宮城は晴れていましたが、近づくにつれ徐々に悪天候に。。。
最終的には小雨が降っていました。
「ゆだ錦秋湖駅」と「穴ゆっこ」との間にある道を山の方へ向かって行きます。




草井沢、本屋敷集落の公民館を横目に見ながら更に山の方へ行きます。
「南本内峡・南本内岳」と「鷲合森」の分岐は「鷲合森」の方向へ。


しばらく走るとダート道の手前で車両通行止になります。そこからは、徒歩で向かいます。


ひたすら上っていきます。約30分で「見立の湯」の看板(湯の文字は取れてますが)。
軽自動車が1台停まっていて、見立の湯の先客?車両通行止なのに何故車。。。
看板に向かって2~3m左側にピンクのリボンが付けられており、獣道みたいな道が見えます。


そこを数分入った谷に、コンクリート製の桝、これはネットの情報だとニセもののはず。


谷を渡ると眼下には小さな滝と見立の湯、出現です。


左右2つの湯船があり、左側は水で、しかも汚れています。


よく見ると温泉はパイプに蓋がされ、止められています。


右側は温めの適温で掛け流し、パッと見、綺麗な湯です。


よく見ると毛虫が入浴中、湯の華なのかゴミなのかわからない浮遊物が多数、でも温泉は透明感があります。
浮遊物は、多分、湯の華。
毛虫さんだけは付属の洗面器(積雪?で潰れてますが。。。)で取り除き、入浴です。
温泉の匂いもちゃんとします。
目の前には川の流れ、しかも小さな滝もあり、見晴らし良し。


先客?には出くわさず、帰りには居なくなっていました。山菜取り?
ネット情報では見つけるのに何度かトライしている方が多かったので、少し不安になりましたが、幸い一度目で発見。
車両通行止で無ければ、車から降りて直ぐ見つけることができそうです。

岩手県西和賀町鷲合森国有林
見立温泉 見立の湯
TEL:(無し)
URL:(無し)
日帰り時間:24時間


肘折温泉 つたや肘折ホテル (ひじおりおんせん つたやひじおりほてる)

石抱温泉が掃除されていない状態で入浴してしまったので、普通の温泉にも入ろうと思いました。
前回同様に魚屋さんの駐車場に車を停めさせていただき、温泉街へ。なお、駐車場は有料です。
つたや肘折ホテルに日帰り入浴です。


受付で入浴料300円を払い入浴です。
2つの湯船には別の源泉が入っているので両方楽しんで下さいと店主。
脱衣所は男女別ですが浴室はつながっている混浴ですが、混浴は、介添えなど一人では入れない方のためですとの説明もありました。
独泉状態だったので結局関係なかったのですが先客がいれば気を使った方が良いです。






男性脱衣所側は濁りは少なめで温度は高め、女性脱衣所側は濁りが強く温度は温め、個人的には温めの方が気持ち良い感じでした。


温めの方には中央にある大きな岩の中から温泉が供給されております。
赤い色の析出物がたくさん付着していて良い感じです。


山形県最上郡大蔵村肘折温泉504
肘折温泉 つたや肘折ホテル
TEL:0233-76-2321
URL:http://www.tutayahijiorihotel.com/



プロフィール

みい

Author:みい
東北で温泉巡りしていましたが、これからは近畿を中心に温泉巡りをしようと思います。

にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 東北 温泉・温泉街へ
にほんブログ村 旅行ブログ 秘湯・野湯へ
にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
全記事表示リンク
メールフォーム
ご意見などありましたらメールフォームより、ご連絡をお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
FC2カウンター
楽天オークション
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Material by amu*ca
Powered by FCブログ